帰国後、日本でロミロミサロンを開くには? | エリートマッサージアカデミー

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

帰国後、日本でロミロミサロンを開くには?

トップページ > 目指せプロセラピスト!エステ・マッサージ留学にお役立ち情報 > ハワイ留学にお役立ち 帰国後、日本でロミロミサロンを開くには?

帰国後、日本でロミロミサロンを開くには?

様々なストレスにさらされる世の中、ここ数年は「癒し」ブームが続いています。特に身体に施術をするリッラクス系のサロンは大人気。 ハワイで、ハワイ州公認ライセンスを取得したら、帰国してロミロミサロンを開業してみませんか? ここではサロンを開業したい方のための情報をお知らせ致します。

開業手続きあれこれ

1. 税務署への届け出

個人で事業を始める場合には、税務署への届け出が必要です。「個人事業の開廃業等届出書」という書類で、開業から一カ月以内に提出する必要があります。
また、スタッフを雇うことになった場合、さらにそれに伴う書類も提出する必要あります。
大まかには\廼發亡悗垢觸駑燹↓⊆匆駟欷韻筝柩僂亡悗垢觸駑 があります。

2. 確定申告も必要

個人事業主の場合、青色申告書を提出すれば、税制上のメリットが受けられます。これは、税金を算出する時に所得から65万円が控除されるというもので、開業から2か月以内に提出する必要があります。

初めて開業する方にとって経理作業や税金の計算は大変分かりにくいものです。そんな時に頼りになるのが国家資格を持った税理士。最初は依頼してみるのも一つの手です。
無料相談を行っている方もいますし、合法的な節税対策などのノウハウも教えてもらえるかもしれません。

その他にも様々な手続きが必要になります。
参考HP「個人事業の始め方」:http://www.levelup99.net/kojinjigyou/

どこでサロンを開くか

サロンを開く場合にはまず場所が必要です。一般的には自宅か貸店舗を利用するケースがほとんどです。
出張サービスを行っている方もいます。

1. 自宅で開きたい場合

【メリットとデメリット】
自宅のベッド・備品などが利用出来ますし、移動時間や交通費・家賃も必要ありません。お金をかけずに手軽に始められますが、ほぼ一部屋占有してしまうので、家族に理解と協力を求める必要があります。
また、顧客によっては「個人のお宅にはお邪魔しづらい」と考える方もいますし、他人に自宅を知られてしまうデメリットもあります。

【宣伝】
自宅であれば、入り口や窓に看板を出したりするのも比較的自由に出来ます。チラシのポスティング、地元の情報誌などへの掲載も良いでしょう。

【ご近所へのお知らせ】
リラクゼーションサロンなので、騒音等の心配はありませんが、トラブルを未然に防ぐためにも、あらかじめお知らせしておきましょう。

2. 貸店舗で開きたい場合

まず不動産屋に行き、サロンを開業したい旨をきちんと伝え、それに合った店舗を紹介してもらいましょう。個人宅としか伝えずに商用利用するとトラブルのもとになりますので、注意しましょう。

【メリットとデメリット】
立地や宣伝方法によってはかなりの集客が見込めることがあります。今後サロンを拡大し、事業を広げていきたい場合は、貸店舗の利用をおすすめします。
ただし、賃貸料や室内のインテリア・備品などを揃える費用が必要になります。あらかじめ見積もりを立て、まとまった資金を準備しましょう。

【宣伝】
商用利用可能な店舗であれば、看板を出すことも可能なので、人通りの多い立地であれば大変有利です。チラシのポスティング、地元の情報誌などへの掲載も良いでしょう。

3. 出張メニューもあると良い

出張メニューも揃えておくと、サービスの幅が広がり、さらなる拡大が見込める可能性が大きいので、おすすめです。

※この情報は変更することがありますのでご注意下さい。

About Massage Scool

Massage Class

Massage Information

Company

スタディハワイ ESTA.com P-mark