ハワイでマッサージセラピストとして働くために必要なこと | エリートマッサージアカデミー

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

マッサージセラピストになるには

トップページ > 目指せプロセラピスト!エステ・マッサージ留学にお役立ち情報 > マッサージセラピストになるには 2

マッサージセラピストになるには

常夏の気候、海と山と大地の自然に恵まれ、観光地として知られるハワイは、留学にも適している事で知られています。
短期留学や体験でハワイを訪れて、マッサージスクールでセラピスト体験をし、本格的にマッサージセラピストになりたいと考える方もいらっしゃいます。
ハワイでマッサージセラピストとして働くためにはビザが必要になるのですが、セラピストの職場さえ見つかれば、働くためのビザが手に入る、ということではありません。
ハワイでマッサージセラピストとして働くために必要なことをご紹介します。

セラピストになるために必要なもの

セラピストになるために必要なもの マッサージセラピストになるには、ハワイ州公認のマッサージスクールを卒業して、ハワイ州公認のライセンスを取得する必要があります。
そしてハワイで働くために、就労ビザ・アメリカ市民権・永住権保持などが必要になるのです。
さらには米赤十字社または米国心臓協会から、心肺蘇生法の資格認定を取得・保持しなければなりません。

セラピストへの道のり

1.ハワイ州公認のマッサージスクールに入学
2.マッサージスクールで規定の時間数トレーニングしてライセンス受験資格取得
3.ハワイ州公認のライセンスを取得
4.ワーキングビザやグリーンカードなどのハワイで働くための権利を取得
5.就職・トレーニング
●マッサージスクールに入学
マッサージセラピストとして働くための第一歩として、ハワイ州公認のマッサージスクールに入学しなければなりません。
マッサージスクールで最低570時間以上、期間としては約1年弱の座学と実技の講習を受けます。内容は以下です。
・50時間の人体解剖学や生理学・運動学などの講義
・100時間のマッサージの理論や衛生学、禁忌などの講義
・420時間の実技としてマッサージスクールでインストラクターの元、ロミロミなどの実技講習。

ハワイ州公認のマッサージスクールの全カリキュラム修了後に、セラピストライセンスのテストを受ける資格を取得出来ます。
●ハワイ州公認のライセンステストを受験
ハワイ州公認のライセンスを取得するための試験を受けます。
合格するには問題の75%をクリアする必要があるとされており、試験に合格すれば念願のセラピストライセンス入手です。
●働くための滞在権取得
アメリカでは自国民の雇用口を確保するために簡単には就労ビザや永住権を与えてくれません。
「マッサージセラピスト」というだけでは就労ビザを取得するのは難しいでしょう。
セラピストというだけでなく、アメリカのために何か貢献出来る人であることが必要になります。
実際にハワイでマッサージセラピストとして働いている方は、現地で結婚されてグリーンカード(永住権)を取得されている方がほとんどです。
●就職後もトレーニング

かけだしのマッサージセラピストとして働く場合、最初から正社員として働く事は難しく、ほとんどが会社から呼び出されてからの仕事となります。
そこで経験を積んで熟練セラピストになっていくのです。

※マッサージセラピストの資格は、2年ごとの6月30日が有効期限なので、更新する必要があります。
※ライセンス取得条件は予告なく変更される可能性がございますのでご注意下さい。

About Massage Scool

Massage Class

Massage Information

Company

スタディハワイ ESTA.com P-mark