マッサージの際の注意点 | エリートマッサージアカデミー

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

目指せプロセラピスト!エステ・マッサージ留学にお役立ち情報 マッサージの基礎知識 マッサージ時の注意点

トップページ > 目指せプロセラピスト!エステ・マッサージ留学にお役立ち情報 > マッサージの基礎知識 マッサージ時の注意点

マッサージ時の注意点

マッサージには注意すべきことが多々あります!

マッサージには注意すべきことが多々あります! マッサージには様々な種類があり、全身・足・オイルマッサージ、身体だけでなく心も癒してくれることで世界中に注目されています。
そんなマッサージには注意すべきことが多々あります。ここでは、マッサージに関しての注意事項をご紹介致します。

リラックスできる環境を

リラックスできる環境を まずは、なんといってもリラックス出来る環境を作り出すことが大切です。
お客様が「この人になら任せられる」と安心した気持ちで施術を受けて頂くことが重要です。緊張した状態でいると交感神経が活発になり、体がほぐれずにマッサージを気持ちよく受けて頂くことが出来ません。
そのためには、こちらから「安心してお任せ下さい」という気持ちを雰囲気からお客様に伝えましょう。

身体を清潔にしてから行う

身体を清潔にしてから行う マッサージ前に身体を清潔にすることは全てのマッサージに共通することですが、マッサージを受ける直前にシャワーを浴びて頂いたり、お風呂に入って頂いたりなど、必ずしも必要ではありません。
しかし、身体が温まった状態でマッサージを受けると血液の流れがよくなるため、より一層効果的と言えるでしょう。リフレクソロジーを受ける際は足を清潔にして頂きますが、更なる効果を狙うのならば足湯をして頂くといいでしょう。

適度な圧力を与える

適度な圧力を与える 独特な手と指の力を使うマッサージですが、お客様やご自分が「痛い」と感じる強さで施術を行うとリラックスするどころか、身体に力が入り緊張状態になります。
マッサージは、「いた気持ちいい」くらいの適度な力と方法で行うのがベストです。丁度良い刺激をあたえることがマッサージです。

マッサージを控えた方が良い状態の方

1. 泥酔状態の方

血行がよくなりお酒が身体にまわりやすくなります。

2. 妊娠中の方

子宮などの反射区を刺激することによる体調の崩れを避けるためです。こちらはマッサージの種類によりますので、十分に確認してから行いましょう。

3. 高熱のある方

血行がよくなることにより一時的に体温が上昇するためです。

4. 重度の糖尿病をお持ちの方

マッサージによっては、反射区を刺激し血管にダメージを与えてしまうことがあります。
セラピストに確認してから受けるようおすすめします。

5. 重度の骨粗しょう症をお持ちの方

骨に負担をかけてしまうことがあるためです。

その他の注意事項

1. 体調不良や身体に傷がある時はマッサージを控える

リンパマッサージを行う際、体調不良や身体に傷がある時はマッサージを控えるようにしましょう。体調が優れない場合のリンパマッサージは症状を悪化させてしまう可能性があります。また、高血圧の方は注意が必要です。血流がよくなると血圧も急激にあがってしまいます。血管が破裂してしまうという最悪な事態をさけるため、十分に注意するようにしましょう。

2. アレルギーや肌の状態に十分注意が必要

オイルマッサージを行う際、アレルギーや肌の状態に十分注意が必要です。そのため施術前にパッチテストをすることをおすすめします。刺激が少々強いオイルを肌につけると痒みを伴う湿疹やかぶれなどの症状がでる場合があります。アレルギーや肌の状態を確認した上でオイルマッサージを行うと良いでしょう。

3. 足に重度の水虫や炎症のある方は施術を控える

リフレクソロジーを行う際、足に重度の水虫や炎症のある方は施術を控えましょう。施術に使用するパウダーやオイルなどが症状を悪化させてしまう場合があります。

注意事項を心に留めて、最高のマッサージを!

マッサージを行う際にはこのような多くの注意点があります。こちらの注意事項を心に留めて、最高のマッサージを提供、または受けて頂きたいと思います。施術する方もされる方も気持ちのよいマッサージを堪能して頂きたいと願っています。

About Massage Scool

Massage Class

Massage Information

Company

スタディハワイ ESTA.com P-mark