ハワイ滞在ガイド レンタルバケーション編 | エリートマッサージアカデミー

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

目指せプロセラピスト!エステ・マッサージ留学にお役立ち情報 ハワイ留学にお役立ち ハワイ滞在ガイド レンタルバケーション編

トップページ > 目指せプロセラピスト!エステ・マッサージ留学にお役立ち情報 > ハワイ留学にお役立ち ハワイ滞在ガイド レンタルバケーション編

ハワイ滞在ガイド レンタルバケーション編

ハワイ滞在ガイド レンタルバケーション編

レンタルバケーションとは?

日本でいう貸別荘のようなものです。
欧米では一般的に活用されている宿泊方法になります。オーナーが所有している物件を、使用しない期間に第三者に貸し出します。そのため室内の備品や家具はオーナーの所有物となります。物件によって「30日以上宿泊が条件」など様々な条件を課している場合がありますので、事前にオーナーと確認してから借りる必要があります。

ハワイのレンタルバケーションの種類

コンドミニアム コンドミニアム
「コンドミニアム編」でご紹介したようなコンドミニアムになります。観光客やホテルで賑わっている中心地に多いことが特徴です。
コンドミニアムにはコンドミニアム管理会社自体がホテルのように運営し貸し出しているお部屋もあれば、各部屋を所有しているオーナーが貸し出しているというお部屋も存在します。ハワイのコンドミニアムを所有している日本人は多くいるので、このようなレンタル方法はよく利用されています。
この場合、リピーターは借りる部屋がわかるので安心という点、ルームメイドも入らないので気兼ねなく利用できる点、費用が抑えられる点、というメリットがあります。ただオーナーによって設備が異なり、部屋の替えがきかないということがデメリットです。

一戸建て 一戸建て
オーナーが所有している家を1軒まるまる借りることができます。
ホテルやコンドミニアムよりも広く、友人やご家族など大人数で暮らすように滞在できることが特長です。宿泊人数が多ければ頭割りなのでリーズナブルに借りる事が出来ます。普段の旅行とは一味違った雰囲気を楽しめるのでおすすめです。
一戸建てを借りると物件によっては海が目の前にあったり、プールがついていたり、庭でBBQやホームパーティが出来たりと楽しみ方は様々です。
一戸建てを借りるデメリットとしてはホノルルを離れた郊外になるため、レンタカーは必須。またホテルやコンドミニアムに比べてセキュリティー面に不安があります。

レンタルバケーションの探し方

代理店の利用がおすすめ! 代理店の利用がおすすめ!
物件それぞれにオーナーがいるので1つ1つを探してやり取りすることは大変な作業になります。ハワイは日本からの渡航者が多いため、日本人向けのレンタルバケーションを扱っている代理店が多くあります。
代理店から予約したほうが物件の比較や予約がスムーズです。

レンタルバケーションを探す上で事前に確認して頂きたいポイント

1. 立地

レンタカーを利用するかしないかで、立地条件は大きく変わってきます。
レンタカーを利用することで幅は広がりますが、コンドミニアムですと駐車場代金も発生するのでそれを頭に入れた上で検討する必要があります。また食事などは一切付きませんので自炊が基本になります。自炊をしない場合は近くにレストランがあるかどうかも立地を選ぶうえでポイントとなります。

2. 宿泊人数

各物件は宿泊可能人数が決められています。何人でどの人が泊まるのかを事前に確認しましょう。
また例えば「5名宿泊可能」と書かれていてもベッドの数が必ず5台あるとは限りません。ダブルベッドやエキストラベッドになってしまう可能性もあります。

3. 宿泊料金

レンタルバケーションは滞在期間が長いほど割安になる傾向があります。宿泊代金とは別にお部屋のクリーニング代や手配手数料などがかかる場合がありますので、必ず確認しましょう。

4. どんなハワイ滞在をしたいか

留学がしたい、海に行きたい、観光に行きたい、などハワイでの滞在は人それぞれです。自分が実現したいことが叶えられる物件を探すためにも設備や施設など細かくチェックするといいでしょう。

About Massage Scool

Massage Class

Massage Information

Company

スタディハワイ ESTA.com P-mark